国境に関するいろいろな報道。

カンタス航空は、ニュージーランド行きのサービスを除いて、10月下旬まで国際線を全てキャンセルしました。

この発表から豪州の国境が再開されるのは早くても11月もしくは2021年にまで伸びる可能性が指摘されています。

連邦政府観光大臣のSimon Birmingham氏がオーストラリアの海外旅行の国境が来年再開される可能性が高いとコメントし、それを受ける形でカンタスが決定した模様。

https://7news.com.au/travel/air-aviation/qantas-axes-overseas-flights-until-oct-c-1108129?utm_campaign=share-icons&utm_source=twitter&utm_medium=social&tid=1592444127057

国境再開はまだ先になる?

留学生やビジネス目的の場合に関しては、隔離を受け入れることによって早期再開の可能性もありますが、観光客やワーキングホリデーなどの再開に関してはもう少し時間がかかる恐れがあります。
そしてオーストラリア人の海外旅行に関しても早くても2021年になる可能性があります。

https://www.news.com.au/travel/travel-updates/health-safety/coronavirus-australia-borders-likely-to-stay-closed-until-2021/news-story/8a1c8e41dd412c20ff1b4704832adf4b#.5trr3

QLD州の帰国者の隔離に関して

QLD州に国外から帰国した人のに対する強制隔離に関して、14日間の隔離に関する費用ですが、現在は政府負担でしたが、7/1より1日あたり最大$200を請求するとことになるそうです。14日間の隔離で1人の場合は$2800の支払いをする必要があります。2人の場合は$3700、4人までの家族の場合は$4620が課せられます。
他の州がこの処置に習うようになるのかは不明。

https://www.9news.com.au/national/coronavirus-hotel-quarantine-queensland-to-charge-international-arrivals-from-july-1/aea3a63e-1702-4fde-a98d-57a8d33deff6