National Plan to transition Australia’s National COVID Response

オーストラリアの全国COVID-19対応を移行するための国家計画がアナウンス

英文の下にGoogle翻訳つけています。また詳細書類のリンクやダウンロードアドレスは文末にあります。

随時、情報をツイッターで公開しています https://twitter.com/info_melcome 

A. Current Phase – Vaccinate, prepare and pilot

Continue to suppress the virus for the purpose of minimising community transmission. Measures include:

  • Implement the national vaccination plan to offer every Australian an opportunity to be vaccinated with the necessary doses of the relevant vaccine as soon as possible;
  • Temporarily reduce commercial inbound passenger arrivals to all major ports by 50 per cent from current caps by 14 July to reduce the pressure on quarantine facilities, due to the increased risks of the Delta strain of the virus;
  • Lockdowns to be used only as a last resort;
  • Commonwealth to facilitate increased commercial flights to increase international repatriations to Darwin for quarantine at the National Resilience Facility at Howard Springs;
  • Commonwealth to extend additional support through the International Freight Assistance Mechanism to ensure maintenance of essential freight supply lines impacted by the reduction of commercial caps at international airports;
  • Trial and pilot the introduction of alternative quarantine options, including home quarantine for returning vaccinated travellers;
  • Expand commercial trials for limited entry of student and economic visa holders;
  • Recognise and adopt the existing digital Medicare Vaccination Certificate (automatically generated for every vaccination registered on AIR);
  • Establish digital vaccination authentication at international borders;
  • Prepare the vaccine booster programme; and
  • Undertake a further review of the national hotel quarantine network.

B. Post Vaccination Phase

Seek to minimise serious illness, hospitalisation and fatality as a result of COVID-19. Measures may include:

  • Ease restrictions on vaccinated residents – such as lockdowns and border controls;
  • Lockdowns only in extreme circumstances to prevent escalating hospitalisation and fatality;
  • Restore inbound passengers caps at previous levels for unvaccinated returning travellers and larger caps for vaccinated returning travellers;
  • Allow capped entry of student and economic visa holders subject to quarantine arrangements and availability;
  • Introduce new reduced quarantine arrangements for vaccinated residents; and
  • Prepare/implement the vaccine booster programme (depending on timing).

C. Consolidation Phase

Manage COVID-19 consistent with public health management of other infectious diseases. Measures may include:

  • No lockdowns;
  • Continue vaccine booster programme;
  • Exempt vaccinated residents from all domestic restrictions;
  • Abolish caps on returning vaccinated travellers;
  • Allow increased capped entry of student, economic, and humanitarian visa holders;
  • Lift all restrictions on outbound travel for vaccinated persons; and
  • Extend travel bubble for unrestricted travel to new candidate countries (Singapore, Pacific).

D. Final Phase

Manage COVID-19 consistent with public health management of other infectious diseases. Measures may include:

  • Allow uncapped inbound arrivals for all vaccinated persons, without quarantine; and
  • Allow uncapped arrivals of non-vaccinated travellers subject to pre-flight and on arrival testing.

National Cabinet agreed that the COVID-19 Risk Analysis and Response Task Force be tasked to make recommendations on finalising the plan, including recommended vaccination targets for each phase of the plan based on the modelling.

Phases will continue to maintain simple risk mitigation and prevention measures such as hygiene, tracing and testing.

National Partnership Agreement

National Cabinet welcomed the Commonwealth Government’s $752 million extension to the National Partnership on COVID-19 Response through to 30 June 2022. The National Partnership on COVID-19 Response provides Commonwealth funding to support state and territory efforts to address the pandemic, including the Hospital Services Payment, State Public Health Payment, Vaccine Schedule, Aged Care Schedule, and the Private Hospital Viability Guarantee.

Under the National Partnership on COVID-19 Response, the Commonwealth Government has provided to date an estimated $5.765 billion to support states and territories to proactively manage the COVID-19 pandemic as part of the broader Commonwealth health response which totals more than $27 billion.

International Passenger Arrivals

National Cabinet noted that international aviation remains critical to supporting the return of Australians from overseas as well as maintaining freight access (imports and exports) and Australia’s long-term international connectivity. It was also noted that international passenger arrival caps introduced by National Cabinet have been essential to safely managing and aligning international passenger arrivals with available quarantine capacity.

The Commissioner of Australian Border Force Michael Outram APM presented information to National Cabinet on international passenger arrivals which was noted. Around 83.9 per cent of travellers to Australia during June 2021 are Australian permanent residents and their families.

National Cabinet agreed to temporarily reduce the current international passenger arrival caps by 50 per cent to manage the pressure on quarantine facilities due to the increased risks posed by the Delta strain of the virus. These arrangements will:

  • commence by 12.01am Wednesday 14 July and remain in place until 31 August; and
  • be subject to a review by National Cabinet before the end of August and on a regular basis throughout the remainder of 2021.

National Cabinet agreed that returning Australians will continue to be prioritised as part of these arrangements.

Given the impact of the reduction in current cap arrangements the Commonwealth will fund an:

  • increased number of facilitated commercial (repatriation) flights, utilising capacity at the Centre for National Resilience at Howard Springs; and

• extension of additional support through the International Freight Assistance Mechanism to maintain essential freight supply lines.

オーストラリアの全国COVID対応を移行するための国家計画

国内内閣は、オーストラリアの全国COVID対応を、地域感染の継続的な抑制に焦点を当てた現在の予防接種前の設定から、重篤な病気、入院および死亡の予防、およびその他の感染症。

国家内閣は、計画は以下のフェーズで構成され、それぞれがCOVID-19リスクに対して現在実施されている科学的モデリングに基づいて、適格人口(16歳以上)のパーセンテージとして表されるワクチン接種しきい値の達成によってトリガーされることに原則的に同意しました。分析および対応タスクフォース。

ドキュメントが添付されています。

A.現在のフェーズ-予防接種、準備、パイロット

コミュニティの感染を最小限に抑える目的で、ウイルスの抑制を続けます。対策は次のとおりです。

すべてのオーストラリア人に、必要な用量の関連するワクチンをできるだけ早く接種する機会を提供するために、全国的な予防接種計画を実施します。

ウイルスのデルタ株のリスクが高まるため、検疫施設への圧力を軽減するために、7月14日までにすべての主要港への商用のインバウンド乗客の到着を一時的に現在の上限から50%削減します。

最後の手段としてのみ使用される封鎖。

ハワードスプリングスの国立レジリエンス施設での検疫のためにダーウィンへの国際送還を増やすために、商用便の増加を促進する連邦。

連邦は、国際空港の商業キャップの削減によって影響を受ける重要な貨物供給ラインの維持を確保するために、国際貨物支援メカニズムを通じて追加の支援を拡大する。

予防接種を受けた旅行者を帰国させるための自宅検疫を含む、代替検疫オプションの導入を試行およびパイロットします。

学生および経済ビザ保有者の限定入国のための商業試験を拡大する。

既存のデジタルメディケア予防接種証明書(AIRに登録されているすべての予防接種に対して自動的に生成される)を認識して採用します。

国境でデジタルワクチン接種認証を確立します。

ワクチンブースタープログラムを準備します。そして

全国のホテル検疫ネットワークのさらなるレビューを実施します。

B.ワクチン接種後の段階

COVID-19の結果としての深刻な病気、入院、死亡を最小限に抑えるように努めてください。対策には以下が含まれます。

封鎖や国境管理など、ワクチン接種を受けた居住者に対する制限を緩和します。

入院と死亡の拡大を防ぐための極端な状況での封鎖。

ワクチン未接種の帰国旅行者の場合は以前のレベルのインバウンド乗客の上限を、ワクチン接種済みの帰国旅行者の場合はより大きな上限に戻します。

検疫の取り決めと空き状況に応じて、学生ビザ保有者と経済ビザ保有者の上限付き入国を許可します。

予防接種を受けた居住者のための新しい削減された検疫の取り決めを導入します。そして

ワクチンブースタープログラムを準備/実施します(タイミングによって異なります)。

C.統合フェーズ

他の感染症の公衆衛生管理と一致するCOVID-19を管理します。対策には以下が含まれます。

封鎖なし。

ワクチンブースタープログラムを継続します。

ワクチン接種を受けた居住者をすべての国内規制から免除する。

ワクチン接種を受けた旅行者の帰国の上限を廃止する。

学生、経済、および人道的ビザ保有者の上限付き入国の増加を許可します。

ワクチン接種を受けた人の往路旅行に関するすべての制限を解除します。そして

新しい候補国(シンガポール、太平洋)への無制限の旅行のためにトラベルバブルを拡大します。

D.最終段階

他の感染症の公衆衛生管理と一致するCOVID-19を管理します。対策には以下が含まれます。

検疫なしで、すべての予防接種を受けた人に上限のないインバウンド到着を許可します。そして

予防接種を受けていない旅行者の上限なしの到着を、飛行前および到着時のテストの対象として許可します。

国内内閣は、COVID-19リスク分析および対応タスクフォースが、モデル化に基づいた計画の各フェーズの推奨ワクチン接種目標を含む、計画の最終決定に関する推奨事項を作成するように任務を負うことに同意しました。

フェーズでは、衛生、追跡、テストなどの単純なリスクの軽減と防止の手段を維持し続けます。

国家パートナーシップ協定

国家内閣は、2022年6月30日までのCOVID-19対応に関する全国パートナーシップへの連邦政府の7億5,200万ドルの延長を歓迎しました。COVID-19対応に関する全国パートナーシップは、病院サービスを含む、パンデミックに対処するための州および準州の取り組みを支援するための連邦資金を提供します。支払い、州の公衆衛生の支払い、ワクチンのスケジュール、老人介護のスケジュール、および私立病院の生存率保証。

COVID-19対応に関する全国パートナーシップの下で、連邦政府はこれまでに推定57億6500万ドルを提供し、合計270億ドルを超える広範な連邦健康対応の一環としてCOVID-19パンデミックを積極的に管理する州および準州を支援しています。

国際旅客到着

国内内閣は、海外からのオーストラリア人の帰還を支援し、貨物へのアクセス(輸出入)とオーストラリアの長期的な国際接続を維持するために、国際航空が依然として重要であると述べた。また、国内内閣によって導入された国際旅客到着上限は、国際旅客到着を安全に管理し、利用可能な検疫能力に合わせるために不可欠であることが指摘されました。

オーストラリア国境警備隊のMichaelOutram APM委員は、国際線の乗客の到着に関する情報を国内内閣に提示しました。 2021年6月のオーストラリアへの旅行者の約83.9%は、オーストラリアの永住者とその家族です。

国内内閣は、ウイルスのデルタ株によってもたらされるリスクの増大による検疫施設への圧力を管理するために、現在の国際旅客到着上限を一時的に50パーセント削減することに合意しました。これらの取り決めは次のようになります。

7月14日水曜日の午前12時1分までに開始し、8月31日までそのままです。そして

8月末までに、そして2021年の残りの期間中、定期的に国家内閣によるレビューの対象となる。

国内内閣は、これらの取り決めの一環として、帰国するオーストラリア人が引き続き優先されることに合意した。

現在の上限の取り決めの削減の影響を考えると、連邦は以下に資金を提供します。

ハワードスプリングスの国立レジリエンスセンターの能力を活用して、促進された商用(帰国)便の数を増やしました。そして

重要な貨物供給ラインを維持するための国際貨物支援メカニズムによる追加支援の拡大。

https://www.pm.gov.au/media/national-cabinet-statement-6

https://www.pm.gov.au/sites/default/files/media/national-plan-to-transition-australias-national-covid-19-response-july-2021.pdf

本日のスコモさん会見のスクリプト 内容が気になる方は首相の言葉や質疑応答などを参考にしてください。 https://pm.gov.au/media/transcript-press-conference-australian-parliament-house-act