今週の日曜の会見で何が発表されるのか?

今週日曜の会見をみましょう!

事実上10月19日からのThird Stepへの移行は厳しくなり、10月10日の州首相の会見でも、緩和移行は厳しいという見解でした、そこで州政府は19日から部分的な緩和へ進む意向を首相がアナウンスしました。
会見でのコメントから読み取る限りでは、先週辺りは段階的な緩和という感じでしたが、ここにきて感染者を減ってきたことから、かなりオリジナルプランに近い形での緩和になる可能性なども言及されていますが、州政府は今後も数字や感染内容を検討して日曜に最終的にアナウンスされます。
内容がどうなるのか?これに関しては噂は飛び交っていますし、こうなるかもしれないという可能性の話は政府上層部からも出てきています。
希望を感じる部分もありますが、全てが緩和されるわけでもなさそうなので、あまり期待し過ぎないのも大事かなと思います。

ともかく日曜に行われる会見をみる!そこで正しい情報を入手するのが大事かなと思います。Melhopeでもできる限り速報で内容をアナウンスできればと思っています。

現時点でRoadmapで発表されている、2ndと3rdの違いを振り返ってみましょう!ってのが今日のトピックです。

2nd Stepと3rd Stepの違いをおさらい。

Leave Home

2nd Step
外出できるのは4つの理由だけ
1)食料品や日用必需品の買い物
2)医療や介護
3)自宅できない仕事や学習
4)運動
それに加えて許可や特例でない限りは外出できる範囲は自宅から5km圏内

3rd Step
STAY HOMEからSTAY SAFEへ
家を出る理由や距離に制限なし

Public gatherings

2nd Step
屋外で最大で2世帯から5人まで、もしくは同じ世帯のメンバー

3rd Step
最大で10人まで屋外で会うことができます。

Visitors to the home

2nd Step
一人暮らしの方が対象になるsingle social bubbleだけ

3rd Step
指名された1つの世帯をhousehold bubblとして、その世帯から一度に最大5人の訪問者を許可

Hospitality

2nd Step
take-away and delivery only

3rd Step
屋外席での飲食営業可能、1グループ最大10人まで、ただし収容人数には密度制限で面積によって集客数の制限あり

Outdoor recreation

2nd Step
5km以内、運動は最大で1日2時間、2つのセッションに分割可能

3rd Step
距離制限なし、時間制限なし
最大10人での屋外フィットネス 他

主だった違いだけ書いてみましたけど、だいたいこんな感じで変わってきます。しかしこれがどこまで段階的に緩和されるのか?ということがとても気になりますね。この数日での会見では首相はこんなコメントをしています。

“social space rather than that economic easing”

“It may get to a point where this is as good as it gets”

“No, we are not going to be delivering the entirety of Step 3 (on Oct 19).. I’ve made that very clear.”

“Now today is a day where we can be optimistic and we can be positive and we can all of us as Victorians look at all that we have achieved,”

“It is fair to say that if these numbers continue, then we are very well placed to be broadly in alignment with our foreshadowed stage three,”

上記の発言を追ってゆくと、その日の感染状況によってもニュアンスが変わってきます。感覚で言えば、やはり新規ケースの数字が落ちてきている分、発言内容に関してもポジティブな方向になってきている感じはありますね。

19日以降の緩和に関しての課題

さて、オリジナルのロードマップに沿って考えると、Second StepからThird Stepへの移行には条件がありました、それは14日間の新規感染ケースの平均が5未満であること、それと14日間の不明ケースの総計が5未満である。この2つが基準値になります。
19日から部分的な緩和が実行されるにしても、実際にThird Stepに移行するには、現時点ではこの条件をクリアする必要があります。(この部分が緩和で変更されるといいのですが)

さて問題になるのは、何が緩和されて、何が緩和されないのか?


上記のグラフを参考にしてください、これを見ると13日までの統計が今日アナウンスされた17という数字になります。そして5未満を達成するには、10/10〜10/24の14日間で不明ケースが4に収まればクリア、つまりあと1ケース分の枠しかありません。奇跡的に24日まで不明ケースが1だけ収まったとして、そしてだいたい発表までの2-3日の時差(これは統計上のシステムなので仕方がない)なので27日のアナウンスが今の時点の最短で5未満になるスケジュールかと思われます。

18日に発表される緩和内容に含まれなかった事に関しては、Third Stepへの移行条件をクリアするまで事項されない可能性があり、そのクリアできるのが最短で10/27ぐらいになるかと思われ、そうなるとほぼ11月まで緩和されない可能性も大きいという事です。なおかつ今後も不明ケースが出てくるようであれば、緩和に含まれなかった内容に関しては11月になっても実施されない可能性もあるという厳しい状況、つまり緩和に含まれるか含まれないのか?これは大きな分かれ道とも言えます。

上記のリストには書いていませんが、仕事に関して言えば大きな差になると思います。現在業種別で営業が規制されている業種がたくさんあります。
それに関してどうなるのか?ここが一番大きな分かれ目なのかと思います。

ある程度仕事の再開ができないと州への経済への影響も大きくなります、個人的にはこの部分の緩和進行を早めて欲しいという気持ちもあります。

噂されているのは?

現在、まだ何も確定はしてないですが、こうなるのではと噂されているのは

移動距離制限の緩和
現状の5kmから10kmもしくは20kmまで拡張されるのでは?という話が出ています。これは会見で語られたものですが、あくまでも可能性を言及した感じです。
これに関しては多くの人が期待している内容でもあるかと思いますので、ぜひ実行して欲しいですね。

メトロメルボルンと州郊外の移動制限
これに関して言えば、制限は引き続き残るような内容の発言を首相が会見で語りました。

アクティビティの解禁
ゴルフやテニスなどのアクティビティが解禁される可能性を示唆する発言がありました。

緩和実行のタイミングは?
10/16の会見で日曜にアナウンスした内容がいつから実行されるかも現在検討中と発言、日曜の深夜から実施されるか、それとも月曜の午後からになるか?などを含めて移行のタイミングも検討中であるとのことでした。

小売店の再開は厳しい?
少し前に読んだ報道では小売店の営業再開は厳しいかもという報道を目にしましたが、その後はそれに関する話も出てないので、どうなるか?