Federal Budget 2020からtemporary visaに関して

今日アナウンスされたFederal Budget 2020に関して、temporary visaに関してのアナウンスもありましたので、速報でお伝えします。
グーグル翻訳で速報していますので、表現のおかしな部分などはご了承ください。

パンデミックの時期にこれまであまり支援を受けていなかった留学生は、スーパーマーケット(来年4月まで)、老人介護、障害者介護で働く場合、2週間の労働制限が免除されます。

医療コースを勉強している学生ビザ保有者も、COVID-19の健康への取り組みを支援している場合は2週間の労働制限が免除されます。

International students, who haven’t had much support so far during the pandemic, will have the 40-hour-a-fortnight work limit waived if they work in supermarkets (until April next year), aged care or disability care. Student visa holders studying relevant medical courses are also exempt if they are supporting COVID-19 health efforts.

品加工または農業部門で働くワーキングホリデーメーカーのビザ保有者は、追加のビザの資格があり、1人の雇用者との6か月の制限が免除されます。

Working holiday maker visa holders working in food processing or the agricultural sector will be eligible for a further visa and exempt from the six-month limit with one employer.

季節労働者プログラムと太平洋労働スキーム労働者、およびビザの有効期限が切れる現在農業部門にいる他のビザ保有者は、ビザを最大12か月延長することができます。

Seasonal worker program and Pacific labour scheme workers, and other visa holders currently in the agricultural sector whose visas are expiring, may have their visas extended for up to 12 months.

COVID-19旅行禁止の影響を受ける一時的なビザ保有者のビザ申請料金は返金または免除されます。将来の結婚、太平洋労働スキーム、季節労働者プログラムのビザ保有者は、払い戻しにアクセスできるようになります。

The visa application charge for temporary visa holders affected by the COVID-19 travel ban will be refunded or waived. Prospective marriage, Pacific labour scheme and seasonal worker program visa holders will be able to access a refund.

一時的な熟練労働者、ワーキングホリデーメーカー、ビザ保有者は、旅行制限が解除された後、オーストラリアに戻ることができるように、その後のビザ申請の料金を免除する資格があります。

Temporary skilled workers, working holiday makers and visitor visa holders will be eligible to have the charge for a subsequent visa application waived, to allow them to return to Australia once travel restrictions are lifted.

最終的な細かい詳細などは追って関連各所、政府機関などからのアナウンスが出ると思いますので、そちらを参照してください。
現時点では速報のみお伝えしました。

情報ソース
Federal Budget 2020 live news: Treasurer Josh Frydenberg delivers coronavirus-centric second budget speech