Google MapでCOVID19状況がチェックできる様になる。

Google Mapアプリに近いうちに新しい機能が追加されるそうです。、各地域のCOVID-19に関する情報を地図に表示してくれるそうですので、出かける時にマップでチェックすると向かう先のCOVID19の感染状況をしめてしてくれるという機能です。

Google Mapアプリに新しく COVID-19というレイヤーが追加されて、そのレイヤーを利用することで地域の感染状況がわかるというシステムです。

感染状況によってマップの色が変わります。赤が濃くなるとその地域の感染数が多いでそうす。
地域の住民10万人あたりの7日間の平均感染ケース、そして感染ケースが増加傾向か減少傾向かを示すラベルが表示されます
利用されるデータは信頼できる複数のソースをベースになり。これらのソースは、WHO、政府の保健省、州や地方の保健機関や病院などの公衆衛生組織からデータを利用します。

トレンドのケースデータは、Googleマップがサポートする220の国および地域すべての国レベルで表示され、利用可能な場合は州または県、郡、および都市レベルのデータも表示されます。

この機能は予定では今週中のアップデートで公開される予定です

情報ソース
Navigate safely with new COVID data in Google Maps
https://blog.google/products/maps/navigate-safely-new-covid-data-google-maps/