Second Stepに行くには?

ビクトリア州郊外は明後日17日からThird Stepへと一足先に移行しますが、ではメルボルン都市圏はどうなのか?ってことが気になりますね。
郊外エリアに関しては2ndから3rdへの移行は日程が設定されてなく、数値クリアのみが条件だったので、早い時期での移行が成立しましたが、メルボルン都市圏エリアに関していえば、条件のクリアと共に9月28日が最短での移行時期というアナウンスですので28日までは今の状況になります。

クリアするべき数値は?

これは直近14日間の新規感染ケースが1日平均で30-50の数値になった場合です。この数字は都市圏のみでの数字になりますので、毎日発表される新規ケースとは少し違う数字がベースになります。

今の平均は?

今日の時点での平均は52.9

今後の見通し

この数字は過去14日間のビクトリア州全体の新規ケースの数字です。
この数字から郊外での感染例や再分類(これややこしいです)された数字が除外されて、上記の平均が出てきますが、現時点では日毎の都市圏だけの正確な数字が出てませんので、あくまでも上記をベースに考えてみます。
つまりはこの数字からマイナス分があるので、上記数字で計算して50以下になっていればほぼ確実でもあるわけです。

仮定で計算する前に

上記がこの1週間の平均値の動きです。日に日に落ちてきているがわかりますね。

ビクトリア州全体の数字をベースに考えましょう。

まず直近7日間の平均値は46.4です、そしてその前の7日間が74.1になります。
今週のペースで今後進んでいけば、ほぼ問題なく次の段階に28日から移行するできるわけです。

そして14日間の数字をもう一度見てもらえれば、わかる通りに、明日には90が消え、明後日には113が消えて、明々後日には81というこの14日間で大きな数字が3つ消えます。
この3つの数字を除外した11日分の平均値を出すと50.9になります。
そうです、もうあと一歩って数字ですね!

そしてここから実際には郊外の数字や再分類されてマイナスされた数字などが除外されるわけです。郊外の今の平均が3.6、そしてこの2週間で再分離された数値の平均が6〜8ぐらいになるので、そうなると数値はほぼ40近くまで落ちることになります。

これで考えてゆくと、28日に次の段階へ進むのはそれほど難しくはないかと思いますけど、ここからまだ感染の数値がどうなるのか?
極論すると60を超える日が続くと数値達成への障害になると思いますが、55以内に連日収まっていれば、基準値のクリアは現実的なものになるのかなと思います。

ちなみにこのペースで行けば、明日か明後日にはオフィシャルで発表される平均値も50を切ってくると思われます。
最終的に移行の決断をするのがいつになるか詳しくわかりませんけど、近いうちに嬉しい数字が見れると思います。

Second Stepで何が変わる?

正直そこまで大きな差がないのが残念な所なんですけど、公共の場所で最大5人まで(二世帯から5人)が会うことができます。

チャイルドケアのオープンと学校のオンサイト再開(大学は別)

運動でも少し緩和があります。

まー大きな点はこんな感じなんだけどね。。。

ともかく、小さい一歩でも進まないよりはマシです!
その積み重ねの先にあるのがいろいろなことの再開でもあるので、まだまだ先は長いけど負けずに進むしかないですね。