手を洗おう!

ビクトリア州では感染拡大の勢いが依然続いています。

そこで今日は以前にも取り上げましたが、しっかりと感染予防対策をする事でSTAY SAFEで生活できる様にもう一度手洗いに関して書いてみようと思おいます。

こまめに手を洗いましょう

ともかく、基本はこれです!
少なくとも外出して帰宅したらすぐに手を洗う!これが一番大事です。

なぜ手を洗うのが大事なのか?といえば人は手で物を触れます、そして食事するときや料理するときにも手を使います。
また、目が痒いとかいろいろな理由で意識していなくても手が動いてしまう時があります。ともかく手を使っていろいろな事をするのが人間ってもんなのです。

石鹸を使って手を洗うことが大事です、水洗いだけでは効果がありません。

ウイルスには表面に油膜の様な物で細胞を包み込んでいると言われています、その細胞膜を破壊するには石鹸の力が必要なのです。
皿洗いをしている時を思い浮かべてください、石鹸を使うことで油汚れなど分解して落とすことができますよね、それと同じ事が感染予防にも言えます。ウイルスを包む油膜成分を石鹸の力で破壊することで、ウイルス自体も分解されルノです。

では、よく20秒手を洗いましょう!という事を耳にする事も多いかと思いますが、それがなぜ大事なのかと言えば、そのウイルスの油膜成分を破壊するのに、だいたい20秒ぐらいの時間が必要だと言われているからです。

手洗いのコツはせっけんやハンドソープを使い、泡をつくって20秒以上かけてゆっくり丁寧に洗うことが、感染症対策に効果的とのことです。

私のおすすめ

さて、ここからは筆者個人の意見になります。
20秒手を洗うのではなく、20秒以上手を洗うのが大事という事が上記の話からもわかっていただけるかと思います。
つまり石鹸で泡だてて、水に流して、全部で20秒ではウイルスの油膜を破壊しきれないという事です。

そこで、私が愛用しているのはダイソーの「ふわ泡ポンプ」
これ4月ぐらいにメルボルンのダイソーで購入しました。

和達がこれが好きな理由は、きめ細かい泡が作りやすい。ってのもワンプッシュですでにきめ細かい泡になります。きめ細かい泡になるということはそれだけ細かい部分まで石鹸成分が浸透できると思っています。

これを使って、泡を満遍なく手の隅々まで、細かい部分まで意識して泡で手を洗ってゆき、この作業で20秒+ぐらい。

そして最後に時間をかけて泡を洗い流してゆきます。

手の洗い残しやす場所

最後に添付しているのはネットで見つけた画像ですが、こういう場所が洗い残し易くなるそうですので、意識して手を洗いましょう!
あと、手を洗うときは指輪は外したほうがいいそうです。