メルボルンからシドニーへ

本日の深夜から、基本的にはメルボルンからシドニーへの移動が規制になり、火曜の深夜からは州境の閉鎖されることになります。

さて、ここで問題なのはメルボルンから帰国される方です。

現在、日本へ帰国できる実質的なフライトはシドニー発のANA便のみ、となるとメルボルンにお住まいの方は帰国のためにはシドニーに行く必要があるのですが、現時点では正式なアナウンスはどこからも出ていないので、どんな状況になるのかはわかっておりません。

可能性

現在、考えられるのは4パターンあるかと思います。

1、帰国のための経由は特別に許可される

2、帰国のための移動でも許可書の申請が必要になる

3、帰国のためでも入州するので14日間の隔離が必要になる

4、どんな理由であれ入州できない

上記の4つのパターンが考えられます。

現在、サービスNSWでは州境の住民や貨物などの輸送などエッセンシャルな分野に関しては特別な許可書を発行する予定です。この分野に帰国での経由が含まれることになれば、問題はないのですが、サービスNSWは詳細を明日発表としているので、執筆時点では先が見えない状況です。

Service NSW:入州申請サイト
https://www.service.nsw.gov.au/transaction/apply-covid-19-nsw-border-declaration-permit

また、メルボルンの領事館からのメールでもこの件に関しては綴られていますが、やはり未定との事。

明日以降のNSW州政府側の発表を注意してチェックしてください!

飛行機がキャンセル!?

カンタス航空とジェットスター航空は、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の国境が閉鎖されたため、メルボルン〜シドニー間の国内線の減便をアナウンス。

この処理は現時点では7月末までの緊急対応の予定ですが、状況次第では変更もあり得ます。

カンタス航空は、メルボルンへの予約している顧客には連絡を始めているそうです。

ヴァージンオーストラリアは「フライトに変更があった場合、乗客に直接連絡する」と語っています。

シドニーへ7月中にフライト予定の方は、メールなど確認してください!